大阪の外構工事ならハンワホームズ

まずは相談
(無料)
ショールーム
TEL
072-485-0102
和モダン

照明で演出する和風とモダンが融合した贅沢なお庭 和歌山県和歌山市

和を感じることの出来る贅沢なお庭

既存のウッドデッキを活用した和を感じることのできる贅沢なお庭が完成しました。外からの目線を気にせずに開放的にお過ごしいただけます。

和歌山県和歌山市 M様邸 お客様のご要望

お庭のご相談にお伺いすると、お庭にウッドデッキがありました。建物の角を囲うようにできあがっていたウッドデッキを生かしたお庭のプランをご提案。 M様のご要望は【和を感じれて使い勝手のいいお庭】でした。 既存であるウッドデッキは掃き出し窓からおりやすい設計になっていましたが、庭に下りる為には階段が必要な高さ。 そのため、庭全体をウッドデッキよりも少し下げた高さまで嵩上げをしました。 くつろげる空間を作る為、庭の周りは道路から見たときに1800㎜の壁を設置。目隠し壁のライティングをプラスし、昼と夜の表情の違いを感じれるように工夫しました。 和風を感じることが出来るようにコーナーには庭石や植栽を配置。アルミの木目調柱は夜になると高さを変えた照明がコーナー部分に華をプラスしています。 自然に地面とつなげた、広さを感じることが出来、安全性もアップしたお庭が仕上がりました。

和歌山県和歌山市 M様邸 ビフォー・アフター

before

before

和歌山県和歌山市 M様邸 施工事例詳細

夜のライトアップ全景。
下からのライティングで浮き彫りとなる幹の形状、透けるモミジの葉にも情緒を感じます。
秋の心地よい風をうけながら、デッキからいつまでも眺めていられるような落ち着きのある景色が広がります。

木目調の角柱は高さを変えてお庭にリズムを与えます。夜のライティングにも一役かっており他にない個性的な光の演出には目を奪われます。

澄んだ青空に映えるモミジと全体をグッと引き締めるブラックのタイルによりすっきりとした印象のお庭に。飛石、サビ砂利、庭石、石張りと、ふんだんに和テイストを盛り込み、坪庭のような空間に。

お庭全景。
デッキの幕板下部からタイルテラスにすることで段差を解消。リビングからデッキへ、デッキからタイルテラスへと違和感なく繋げることでお庭のスペース、活用の幅ともに大きく広がりました。

お庭全景(夜)。

門まわり(昼)
目隠しとして植栽されていたキンモクセイを撤去し、横板張りのフェンスと石張り塀を設けました。

before

照らされる岩肌とスリットから漏れる光で外観も華やかに。

既存の外構

移植 :ジューンベリー
照明 :シンプルLEDポールライト11型100V

和歌山県和歌山市 M様邸 施工概要

施工費用約160万円
所在地和歌山県和歌山市
施工期間約20日
施工面積約12坪

平面図

和歌山県和歌山市 M様邸 外構工事 使用商品

庭工事

飛び石:玄武石
庭石 :九駒石 ゴロタ石
照明:石壁用グラントライト 2箇所
角柱 タカショー スリットフェンス100角 柿茶/照明
シンボルツリー下:ジャワ鉄平貼り
花壇 :ブロック組積左官塗仕上げ
タイル:300角タイル貼り(タカショー セラクラシック ブラック)
ウッドデッキ:既存+幕板下部仕上がり
シンボルツリー:イロハモミジ株立ち
塗り壁:石張り スティックストーン(ブラック)出巾側面 LEDバー

門まわり工事

塗り壁:(JP1702)  コーピング 柿渋
   石張り アートストーンHS/内部 左官塗り仕上げ
照明 :グラントライト
フェンス:LIXIL Gスクリーンユニット H1800 クリエダーク

Instagramインスタグラムで「外構照明テクニック5選」公開中!

「外構照明テクニック5選」をご紹介!その他にも外構・エクステリアやお庭の設計施工など、お庭に関わるお役立ち情報を発信しています。ぜひご覧ください!

エクステリアプランナー飯野

エクステリアプランナー飯野

数々のエクステリアコンテストで受賞をし、多くのガーデンを手掛けてきました。笑顔あふれる空間作りをモットーにしています!! |執行役員 空間創造事業部 企画営業部 部長

ご相談やお見積りは完全無料です。
小さなご相談から、大きなお悩みまですべて解決します!
外構に関するご相談は、ぜひ大阪の「ハンワホームズ」まで。
TEL:072-485-0102
営業時間:9:00~17:30(土日祝OK)
※タップで電話がかかります

関連記事

  1. ハンワホームズ施工事例「木調カーポートが印象的な平屋外構」を追加いたしました。

  2. 木調カーポートが印象的な平屋外構 大阪府 Y様邸

  3. ハンワホームズ施工事例「ナチュラル素材で高級感あふれる、セミクローズ外構」を追加いたしました。

PAGE TOP